コンセプトアーティストになるためのポートフォリオの作り方⑤

レジュメ・カバーレターを作るときに気をつけること

こんにちは。今年に入ってから未来世界遺産展の準備などで長らくブログの更新が出来ていませんでした。
今回はレジュメとカバーレターについて書いていきたいと思います。

➀レジュメとカバーレターとは

まず”レジュメ”と”カバーレター”ってそもそも何?というところですが、簡単に言うとレジュメ(Resume)は、英文の履歴書のようなものです。
カバーレター(Cover Letter)は履歴書に添付する書類のことで、志望動機や自己PRなど、職歴以外のアピールポイントを記載します。

もし海外の会社でクリエイターとして就職を希望する場合、これらの書類をポートフォリオと一緒に送付するのが一般的です。

記載する内容としては、主に以下になります。

レジュメ

・自分の名前と連絡先
・顔写真
・職歴・学歴
・経験
・スキル
・アピール文

カバーレター

・自分の名前と連絡先
・提出先の採用担当の名前と連絡先
・応募したい求人
・サイン

 

➁とにかくシンプルに、見やすく

検索すればレジュメとカバーレターの文章の書き方についてたくさん情報が出てくるので、文章についてはそれらを参考にするといいと思います。

ですので今回は、せっかく書いた文章を”スッキリ見やすいものにする”ために僕が気をつけたことを紹介します。

1.手書きはしない

手書き文字 は、「頑張って書いた感」を出すのと引き換えに、「見る人の時間を奪う」ことだと思っています。

相手のことを考えると、やっぱりテキストで打ち込んだほうが読みやすいと思います。INEIにも、コンビニで売っている履歴書に手書きでびっしり書かれたものが届くことがありますが、これらはやはり読むのに時間がかかってしまいますね。

2.関係のない履歴は書かず、文字数を絞り込む

自己アピール文を書くときにどうしても長々と書いてしまいがちですが、そこはあえて簡潔にまとめるように気をつけました。

僕の場合は書きたいことを箇条書きにしてから、伝えたいことの優先順位を決め、そこから書くようにしました。そうすることで、書きたいことが明確になるので少ない文字数でもしっかりと伝えられるのではないでしょうか。

関係のない履歴というのは、希望する職種(ここだったらコンセプトアーティスト)と関係のない履歴を書いてしまうことです。例えば「前職は牛丼チェーン店のマネージャーでした」とかいう情報は無くても大丈夫です。クリエイターとしての履歴が無かったら、そのまま正直に無いと書いたほうがいいと思います。

3.スッキリしたデザイン

できればデザインはコンビニに売ってあるような事務的な履歴書ではなく、もっとシンプルで洗練させていたほうが好感度は高いと思います。

今は簡単にgoogle docsやAppleのpagesなどでシンプルで美しい文書が作れてしまいますから、そのような無料サービスを活用するといいかもしれません。

ちなみに僕は、レジュメ用の有料テンプレートを購入してそれを編集して作りました。”レジュメ テンプレート”などと検索して、良い感じのテンプレートが見つかれば、それを基に作ると良いかもしれません。

上の画像がそれになります。※内容は改変して掲載しています。

スキルなどはあえて、ゲームのHPみたいなゲージのデザインにすることで見やすさを配慮しました。というのも、どうしても文章は読むのに時間がかかってしまうため、できるだけテキスト情報を絞り込んでパッと見で分かったほうが良いと思ったからです。

そのために情報をグラフィカルにまとめることは効果的だと思います。

➂まとめ

以上が僕がレジュメとカバーレターを作成したときに気をつけたことです。

自己PRは難しく、しかもそれを分かりやすくまとめて作るのはなかなか大変ですよね。
そういう時は何を伝えたいかを考えて、できるだけシンプルにそれを伝えるようにするといいと思います。

そのためには何を載せたほうが良いのか、省いたほうが良いのかをよく考えたほうが良いと思います。

 

重ねてになりますが、こちらのブログの情報は個人が就職の資料を作るときに気が付いたことを元に記事を制作しています。

もちろんケースバイケースで最適な資料は異なってくるので参考程度に読んでいただければ嬉しいです。

 

ポートフォリオの作り方などはこちらの記事をご覧ください。

第1回 ポートフォリオの目的とルール

第2回 ポートフォリオにおける作品選びの注意点

第3回 ポートフォリオの組み立て方

第4回ポートフォリオをデザインする

掲載作品/ INEI Inc. 文/ 大曽根純