SIGGRAPH ASIA Tokyo 12/4-7 東京国際フォーラム にて展示などします。

世界最大のCGの祭典「SIGGRAPH(シーグラフ)」のアジア版である「SIGGRAPH ASIA」がついに東京で開催されます。
INEIではプロダクションギャラリーの「映像製作の仕事展」のメインビジュアルおよび展示を担当しております。

映像製作のお仕事がどんなものなのか興味を持ってもらえる貴重な機会となりますのでお誘い合わせの上ぜひ遊びに来てください。

ご来場をお待ちしております。

12月6日(木)は富安も展示の近くになるべくいるようにする予定です。

欧米で行うSIGGRAPHを始め世界各国で行うSIGGRAPH ASIAも富安は頻繁に行っていました。確か2012年ごろにはSIGGRAPHのメインビジュアルにも採用されていました。コンセプトアートというお仕事をする上では欠かせない経験と出会いを見つけに是非展覧会およびSIGGRAPH ASIAにご参加ください。

 

開催概要

会場: 東京国際フォーラム

アクセス: 〒100-0005東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

開催期間: 2018年12月4日(火)〜 12月7日(金)

開催時間: 9:00 〜 18:00(最終日は16:00まで)

入場料: 無料 ※SIGGRAPH Asia 2018は有料となります

 

公式ページより引用

映画、テレビ、CMなど、さまざまな分野で使われる映像作品。その裏側には、実にたくさんの分野の仕事があります。

本展示では、その中から「コンセプトアーティスト」「マットペインター」「特殊メイクアップアーティスト」「特殊造型師」、「モデラー」などの分野にフォーカスし、ふだん表には出てこない制作の裏側、アナログとデジタルの技術をご覧いただけます。

制作現場の一端を知ることで、映像の楽しみは何倍にも広がります。本展示をきっかけに、映像制作の仕事に興味を持っていただければ幸いです。

 

映像制作の仕事展公式サイト

SIGGRAPH ASIA公式サイト